ページを選択

【おしらせ】【大衆文化研究プロジェクト】1/21~23 総括シンポジウム 各パネル予稿集を公開しました。

【大衆文化研究プロジェクト】総括シンポジウム「日本大衆文化研究の最前線—新しい日本像の創出にむけて—」各パネル予稿集・報告概要を公開いたします。
開催日までに随時更新いたしますので、ご確認ください。

※英語訳はページ下部をご覧ください。 =English follows Japanese.=


■2022年1月21日(金)

パネル①「漫画文化の比較・日本とメキシコ」  
予稿集(英語のみ)

パネル②「時代劇映画の文化的芸術的価値の再発見 -衣裳と殺陣」
※事前配布資料はございません。

 

■2022年1月22日(土)

パネル③「大衆文化研究の資料学」 
報告概要

パネル④『大衆文化研究叢書』書評パネル 
序論集(第1~4巻日・英)
※第5巻は2022年2月18日に刊行予定のため、上記序論集には第5巻は収録しておりません。

 

■2022年1月23日(日)

パネル⑤「国際日本研究」コンソーシアム:「国際日本研究」の新展開―ヨーロッパとの対話から 
予稿集

参考資料 エドアルド・ジェルリーニ(ヴェネツィア・カフォスカリ大学 非常勤教授)

 

総括シンポジウム詳細
総括シンポジウムチラシはこちら

 

 

Please download abstracts of the General Symposium, “On the Front Lines of Japanese Popular Culture Research: Toward the Pursuit of New Images of Japan.” from the link under each panel name.
We will update all abstracts before the event date.

 

■January 21 (Friday)
Panel 1: “Comparing Manga Cultures: Japan and Mexico”
Proceedings

Panel 2: “Rediscovering the Cultural and Artistic Value of Period Dramas: Wardrobe and Fight Choreography”
*There are no abstracts for this panel.

 

■January 22 (Saturday)
Panel 3: “Material Studies in Popular Culture Research”
Download

 

Panel 4: Reviews of Nichibunken Popular Culture Research Series
Download  (Nichibunken Popular Culture Research Series : Preface Collection)
*Only volume 1-4 are included in this collection. (Volume 5 is scheduled to be published on February 18, 2022)

 

■January 23 (Sunday)
Panel 5: Consortium for Global Japanese Studies, “New Developments in Global Japanese Studies: In Dialogue with Europe”

Proceedings

Reference Material Edoardo GERLINI (Adjunct Professor, Ca’ Foscari University of Venice)

 Event program
Click here for the leaflet (Japanese only)

サブカテゴリー

研究班

月別アーカイブ