ページを選択

【成果物】『日本大衆文化史』を刊行しました!

『日本大衆文化史』を刊行しました!

国際日本文化研究センターが進める大衆文化研究プロジェクトの成果が、全5巻のシリーズとして株式会社KADOKAWAより刊行されます。その第1巻として『日本大衆文化史』が、2020年9月18日(金)に発売されました。

『日本大衆文化史』は、古代の神話から現代の「初音ミク」まで、大衆を無名の作者と位置付け、時代を超えて、創造・継承・更新される大衆文化の歴史を見通し、「その先」を見据えます。ジャンルを横断して通史でたどる、これまでに無い文化史の教科書です。

 

■収録内容(目次)

序 日本大衆文化史は可能なのか

【第1部 声と身体】

1章 物語と座の時代(8世紀~16世紀)

2章 声とパフォーマンスの時代(12世紀~16世紀)

コラム 「絵の本」の歴史――小絵から児童文学まで

コラム 太平記読み――テキスト、講釈、メディア

 

【第2部 メディア】

3章 木版印刷と「二次創作」の時代(17世紀~1890)

コラム オヅ・ヨシサダ青年のディレッタンティズム――江戸のオタク青年の脳内城下町

コラム 鬼魅の名は――妖怪名称と大衆文化

4章 「私』」とアマチュアの時代(1900~1920)

コラム パノラマの経験――仮構される戦場

コラム 画工と画家――広告の図案制作者たち

 

【第3部 メディアミックス】

5章 参加する「素人」たち 群衆と動員の時代:前期(1920~1950)

コラム スタジオは生きている――アニメーションにおける協働/集団制作

コラム 「蒲田行進曲」と裏方たちのドラマ――映画撮影所の歴史と伝統を受け継ぐ者たち

6章 遅れてきたテレビ 群衆と動員の時代:後期(1950~1980)

コラム 模型の近代史――メディアとしてのモノ

コラム レイヤーとしてのトーキーアニメーション

 

【エピローグ デバイス】

7章 プラットフォームとデバイスの時代(1980~現在)

コラム ボーカロイドとは何か――初音ミクという創作活動ムーブメント

 

■執筆者

大塚英志、伊藤慎吾、香川雅信、久留島元、木場貴俊、北浦寛之、佐野明子、山本忠宏、前川志織、近藤和都、松井広志、オウ・ケイカイ、アルバロ・エルナンデス

 

■書誌情報

書名:『日本大衆文化史』

編著者:日文研大衆文化研究プロジェクト

定価:本体2500円+税

発売日:2020年9月18日(電子書籍も同日発売)

ISBN:9784044005634

発行:株式会社KADOKAWA

 

■続刊予定

第2巻『疫病・自然災害・大衆文化(仮)』(20217月予定)

   (代表編者:小松和彦)

 

第3巻『身体と六感の大衆文化史(仮)』(20219月予定)

(代表編者:安井眞奈美、アルバロ・エルナンデス)

 

第4巻『〈キャラクター〉と〈世界〉の大衆文化史(仮)』(202111月予定)

 (代表編者:荒木浩、前川志織、木場貴俊)

 

第5巻『東アジアの中の日本大衆文化(仮)』(20221月予定)

(代表編者:劉建輝、石川肇)

 

リンク先

http://topics.nichibun.ac.jp/pc1/ja/sheet/2020/09/17/s001/

https://www.kadokawa.co.jp/product/321910000164/

 

サブカテゴリー

研究班

月別アーカイブ