ページを選択

『報告書 神戸映画資料館所蔵映画館プログラムのデジタル化・カタログ化 附 資料集:神戸映画資料館所蔵映画館プログラムカタログ』

『報告書 神戸映画資料館所蔵映画館プログラムのデジタル化・カタログ化 附 資料集:神戸映画資料館所蔵映画館プログラムカタログ』

近藤和都編 / 発行元:日文研・推進室、2021年03月5日

本報告書は、神戸映画資料館が所蔵する映画館プログラムのデジタル化・カタログ化の成果を報告するとともに、同資料を用いた研究可能性を示すために作成された。

 

本報告書の構成

はじめに

第1章 本報告書の概要  / 近藤 和都  大東文化大学専任講師

第2章 神戸映画資料館所蔵資料からたどる映画館プログラムの歴史  /近藤 和都  大東文化大学専任講師

第3章 戦前映画館経営のための「サービス」と施策――1920年代から30年代の松竹座プログラムから探る         /北浦 寛之  開智国際大学専任講師

第4章 映画館プログラムに見る松竹座のサウンドスケープ  /柴田 康太郎 早稲田大学演劇博物館次席研究員

第5章 「神戸市・兵庫県映画館資料データベース」の設計に関するノート      /上田 学   神戸学院大学准教授

資料集 神戸映画資料館所蔵映画館プログラムカタログ

サブカテゴリー

研究班

月別アーカイブ