ページを選択

【展示】2020.10/15-2020.12/22「京都からやってきた妖怪たち 国際日本文化研究センターコレクション」(湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)にて開催)

このたび湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)との共同主催により、下記のとおり展覧会を開催します。

本展示は、日文研がこれまで収集してきた妖怪関係資料の中から、「妖怪四季風俗絵巻」「百鬼ノ図」、そして新たに所蔵した三次ゆかりの「稲生家妖怪伝絵巻」など150点あまりを展示します。

 

○タイトル:「京都からやってきた妖怪たち 国際日本文化研究センターコレクション」

○会  期:2020年10月15日(木)~12月22日(火)*休館日: 水曜

○開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)

○会  場:湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)企画展示室

〒728-0021 広島県三次市三次町1691番地4

○入館料 :一般480円、大学生及び高校生320円、中学生及び小学生160円

○主  催:湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)・国際日本文化研究センター・機関拠点型基幹研究プロジェクト「大衆文化の通時的・国際的研究による新しい日本像の創出」

 

○イベント

2020年11月15日(日) 14時~16時30分

  • 秋の特別展開催記念もののけシンポジウム「怪異・妖怪研究と日文研」

1 基調講演 「なぜ妖怪を研究するのか」小松 和彦(国際日本文化研究センター 名誉教授)

2 研究報告 「怪異・妖怪研究の軌跡と展望」常光 徹(国立歴史民俗博物館 名誉教授)

3 研究報告 「日文研妖怪コレクションの見どころ」木場 貴俊(国際日本文化研究センター プロジェクト研究員)

4 パネルディスカッション「怪異・妖怪研究と日文研」

パネラー  小松 和彦(国際日本文化研究センター 名誉教授)

常光 徹(国立歴史民俗博物館 名誉教授)

湯本 豪一(湯本豪一記念日本妖怪博物館 名誉館長)

コーディネーター  木場 貴俊(国際日本文化研究センター プロジェクト研究員)

 

会場:三次ふれあい会館(三次コミュニティセンター 三次市三次町1828-5)

主催:湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)、国際日本文化研究センター・機関拠点型基幹研究プロジェクト「大衆文化の通時的・国際的研究による新しい日本像の創出」

往復はがきでの事前申し込み必要(10月30日(金)必着)。

サブカテゴリー

研究班

月別アーカイブ