ページを選択

漢陽大学日本学国際比較研究所・国際日本文化研究センター共催 共同学術シンポジウム 「「妖怪」:もう一つの日本の文化コード」

漢陽大学日本学国際比較研究所・国際日本文化研究センター共催 共同学術シンポジウム 「「妖怪」:もう一つの日本の文化コード」

日時 2018年8月25日(土)14:30~

場所 漢陽大学校 国際館 画像会議室(6階)

プログラム 

14:30~14:40 開会式

       司会:張慧珍(漢陽大)

       開会の挨拶:李康民(漢陽大日本学国際比較研究所所長)

       趣旨説明:小松和彦(国際日本文化研究センター所長)

14:40~16:30 1部 司会:朴銓烈(中央大名誉教授)

14:40~15:05 発表1:木場貴俊(国際日本文化研究センター)

       「江戸文化の中の「妖怪」」

15:05~15:30 発表2:金智英(漢陽大)

       「画家の想像力が駆け巡る楽しい遊びの場:河鍋暁斎の妖怪図」

15:30~15:55 発表3:近藤瑞木(首都大学東京)

       「「妖怪」を如何に描くか:鳥山石燕の方法」

15:55~16:30 総合討論 李世淵(漢陽大)、片龍雨(全州大)、朴奎泰(漢陽大)

16:30~16:45 コーヒーブレイク 16:45~18:40

2部 司会:小松和彦

16:45~17:10 発表1:韓京子(慶熙大学)

       「韓国・日本における人面獣の展開」

17:10~17:35 発表2:松村薫子(大阪大学)

       「子ども絵本に見る妖怪観の変遷」

17:35~18:00 発表3:李市俊(崇実大学)

       「日本古代文学における「霊鬼」を韓国語でどう翻訳すべきか」

18:00~18:35 総合討論 金京姫(韓国外大)、崔泰和(光云大)、金孝淑(世宗大)

18:35~18:40 閉会の辞:小松和彦

 お問合せ: 大衆文化プロジェクト推進室

taishu_staff*nichibun.ac.jp (*を@に置き換えてください)

サブカテゴリー

研究班

月別アーカイブ