ページを選択

【展示】2019.10/28-11/22「草の根のアール・ヌーヴォー 明治期の文芸雑誌と図案教育」(京都工芸繊維大学美術工芸資料館にて開催)

【展示】2019.10/28-11/22「草の根のアール・ヌーヴォー 明治期の文芸雑誌と図案教育」(京都工芸繊維大学美術工芸資料館にて開催)

このたび京都工芸繊維大学美術工芸資料館との共催により、下記の通り展覧会を開催します。

本展示は、京都工芸繊維大学美術工芸資料館と国際日本文化研究センターなどの所蔵品より、京都高等工芸学校(1902年創立)の図案教育資料、幻の挿絵画家・一条成美(1877-1910)の作品を含む文芸雑誌の表紙絵・挿絵資料、併せて150点あまりを展示することで、無名の人々が織り成した日本のアール・ヌーヴォーを紹介します。

 

 

○タイトル:「草の根のアール・ヌーヴォー 明治期の文芸雑誌と図案教育」

○会  期:2019年10月28日(月)~11月22日(金)*休館日: 日曜・祝日

○開館時間:10:00-17:00(入館は16:30 まで)

○会  場:京都工芸繊維大学美術工芸資料館 1階

〒606-8585 京都市左京区松ヶ崎橋上町

・ 市営地下鉄烏丸線「松ヶ崎駅」下車1 番出口から徒歩約8 分

・ 京都バス「高野泉町」下車徒歩約10 分

○入館料 :一般200 円/大学生150 円/高校生以下無料

* 京都・大学ミュージアム連携所属大学の学生・院生は学生証の提示により無料で入場できます。

 

○主  催:京都工芸繊維大学美術工芸資料館、国際日本文化研究センター・機関拠点型基幹研究プロジェクト「大衆文化の通時的・国際的研究による新しい日本像の創出」

○後  援: みんなのミュシャ京都展実行委員会

○協  力: ミュシャ財団、河瀬満織物株式会社

 

チラシ

○イベント

2019年11月9日(土)13時~16時

  • 講演会「ミュシャ様式とアール・ヌーヴォー再考」

講師:佐藤智子氏(ミュシャ財団キュレーター、「みんなのミュシャ」[於:京都文化博物館]監修)

  • ミニレクチャー「日本ミュシャ事始め―白馬会の場合」

講師:三谷理華(静岡県立美術館学芸課長)

  • ギャラリートーク

前川志織(国際日本文化研究センター特任助教)

 

会場:京都工芸繊維大学美術工芸資料館

主催:京都工芸繊維大学美術工芸資料館、国際日本文化研究センター・機関拠点型基幹研究プロジェクト「大衆文化の通時的・国際的研究による新しい日本像の創出」、ジャポニスム学会

事前申し込み不要。ご参加は無料ですが、入館券は必要です。

 

○関連展覧会

  • 「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術」

主催:京都府、京都文化博物館、ミュシャ財団、読売テレビ、ローソンエンタテインメント

会期:2019年10月12日(土)~2020年1月13日(月・祝)

会場:京都文化博物館

https://www.ytv.co.jp/mucha2019/

 

 

 

○お問い合わせ先

国際日本文化研究センター プロジェクト推進室

Email:taishu_staff*nichibun.ac.jp (*に@を入れてください)

 

 

サブカテゴリー

研究班

月別アーカイブ