ページを選択

【展示】12/17-2019.2/23「おいしい広告2 ヨーロッパと日本の酒・煙草・菓子のポスター」(京都工芸繊維大学美術工芸資料館にて開催)

【展示】12/17-2019.2/23「おいしい広告2 ヨーロッパと日本の酒・煙草・菓子のポスター」(京都工芸繊維大学美術工芸資料館にて開催)

このたび京都工芸繊維大学美術工芸資料館との共催により、下記の通り展覧会を開催します。

本展示は、京都工芸繊維大学美術工芸資料館の優れたポスターコレクションから選りすぐりのポスターを中心に、

国際日本文化研究センター所蔵資料などを交えた50 点あまりの広告資料を紹介します。

 

○タイトル:「おいしい広告2 ヨーロッパと日本の酒・煙草・菓子のポスター」

○会  期:2018 年 12 月17 日(月)~ 2019 年2 月23 日(土)

*休館日: 日曜・祝日、12 月29 日(土)~ 2019 年1 月5 日( 土)、1 月19 日(土)

○開館時間:10:00-17:00(入館は16:30 まで)

○会  場:京都工芸繊維大学美術工芸資料館 2 階 展示室1-3

〒606-8585 京都市左京区松ヶ崎橋上町

・ 市営地下鉄烏丸線「松ヶ崎」駅下車1 番出口から徒歩約8 分

・ 京都バス「高野泉町」下車徒歩約10 分

○入館料 :一般200 円/大学生150 円/高校生以下無料

* 京都・大学ミュージアム連携所属大学の学生・院生は学生証の提示により無料で入場できます。

○イベント :展覧会企画者によるギャラリートーク(「南方熊楠」展とあわせて実施)

日時 2019 年1 月12 日(土)13 時より

○展示概要 :

近現代の大衆文化を特徴づけるものの一つに、商品広告のポスターがあげられます。「お

いしい広告:欧米と日本の飲食物のポスターを中心に」展(2016 年度、京都工芸繊維大学

美術工芸資料館)に続くこの展覧会では、私たちの日々の暮らしのなかで、味覚や嗅覚に快

感を与え楽しまれる嗜好品である酒、煙草、菓子の広告に焦点をあて、優れたポスター・コ

レクションで知られる京都工芸繊維大学美術工芸資料館所蔵のポスターを中心に、国際日本

文化研究センター所蔵資料などを交えた50 点あまりの広告資料を紹介します。これらの広

告は、まだ消費者の口に届けられていない嗜好品がいかに新しく、おいしく、すばらしい商

品であるかについて、それぞれの時代や地域特有の視覚的イメージを駆使し語りかけてきま

す。これらの広告を通して、ヨーロッパと日本の嗜好品文化や視覚的表現の工夫を見比べつ

つ、近現代における商品と大衆的な視覚的イメージとの関係を探る試みです。

また、日本の製菓会社の広報誌やおまけといった広告関連資料を紹介する特集コーナー、

藤田嗣治とも交流のあったグラフィック・デザイナー・里見宗次(1904-1996)によるフラ

ンスと日本の嗜好品広告類を紹介する特集コーナーを設けることで、洋菓子産業をめぐる文

化的な営みの一端も紹介します。

なお、この展覧会は、京都工芸繊維大学美術工芸資料館と国際日本文化研究センター・人間文化研究機構

機関拠点型基幹研究プロジェクト「大衆文化の通時的・国際的研究による新しい日本像の創出」

「博物館・展示を活用した最先端研究の可視化・高度化事業」の連携により開催されるものです。

また展覧会企画運営にあたり、JSPS 科研費17H07340 の助成を受けています。

おいしい広告 ちらし

 

 

<お問い合わせ先>

国際日本文化研究センター プロジェクト推進室

Email:taishu_staff*nichibun.ac.jp (*に@を入れてください)

サブカテゴリー

研究班

月別アーカイブ