ページを選択

活動報告

古代・中世班H30年度共同研究会レポート③

研究代表者:荒木浩 開催日時:平成30年9月22日(土)13:30~18:00、同23日(日)9:30~13:00 開催場所:国際日本文化研究センター第5共同研究室 出席者:17名+オブザーバー若干名 ガリア・ペトコヴァ(日本学術振興会外国人特別研究員) 「「投企」する古典性——男性中心日本伝統芸能の「女性」バージョンを巡って」...

詳しく見る

レポート:共同学術シンポジウム 「「妖怪」:もう一つの日本の文化コード」

共催:漢陽大学日本学国際比較研究所・国際日本文化研究センター 日時:2018年8月25日(土)14:30~ 場所:漢陽大学校 国際館 画像会議室(6階) 出席者:70名   李康民(漢陽大日本学国際比較研究所所長)による開会の挨拶、小松和彦(国際日本文化研究センター所長)による趣旨説明のあと、研究報告に入った。 1部は、朴銓烈(中央大名誉教授)の司会で三人の報告があった。...

詳しく見る

古代・中世班 H30年度共同研究会②レポート

古代・中世班研究会レポート(平成30年度第2回)  研究代表者:荒木浩 開催日時:平成30年7月28日(土)13:30~18:00、同29日(日)9:30~13:00 開催場所:国際日本文化研究センター第5共同研究室 出席者:16名+オブザーバー6名 大衆文化プロジェクト古代・中世班共同研究「投企する古典性―視覚/大衆/現代」(代表:荒木浩)による平成30年度第2回の研究会では、下記の4つの研究報告が行われた。   7月28日 <報告1>...

詳しく見る

近世班 H30年度共同研究会①レポート

研究代表者 小松 和彦 開催期間 平成30年7月14日(土) 開催場所 国際日本文化研究センター  第6共同研究室 内容 成果 近世班の第1回研究会として、最初にリーダーの小松和彦から出席者に向けて、大衆文化プロジェクトにおける本研究会の位置付けの確認、今年度の方向性に関する説明が行われた。その後、2名の報告者による報告を得た。...

詳しく見る

サブカテゴリー

研究班

月別アーカイブ